サンプル5

HOME ≫ EV・PHVコンセント ≫

「EV車・PHEV車の充電設備」は?

「EV車・PHEV車の充電設備」は?

<一般に使用する普通充電器について>

普通充電器は一般に使用されている単相200Vまたは100Vを使用します。
施設・サービスエリアなどに設置されている急速充電器より充電時間はかかりますが、設備導入費用が比較的少なく、長時間停車する住宅や会社事務所などに設置をお勧めします。普通充電器の「コンセント型」でご説明していきます。

イメージとしては、左図の様になります。



<普通充電器コンセント適用プラグ>

コンセント型で充電する場合、車載されている充電ケーブルを使用します。
充電用コンセントは、EV受電用コンセント、差込プラグとともに日本配線システム工業会で規格化されいます。






<普通充電器の設置位置について>

充電設備の設置場所は、自宅車庫や駐車場の近くが基本となります。電気自動車の車種により、充電口の位置や充電ケーブルの長さが異なります。電気自動車の仕様を確認し設置位置の検討が必要になります。

 

<EV・PHEVの普通充電設備の考え方>

・充電設備の回路は、分電盤から専用回路とします。
・充電設備の回路は、分電盤から漏電ブレーカ(感度電流15mA)より分岐します。
・使用電線は、今後の事を考慮し200V(30A)対応の配線φ2.6、または5.5m㎡を使用します。
・充電用コンセントの高さは90~120㎝にします。
・夜間の充電作業を考慮し充電用コンセントの近くに照明設置をご検討ください。
・充電時以外の電気盗難や電源プラグの抜き差しの安全性を高める為、盗電防止用コンセントや充電用電源スイッチの設置をご検討ください。



  写真:Panasonic 電設資材総合カタログ2016-2018_P405,P412参照。

2019年10月 営業日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年11月 営業日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
営業時間:8:00 ~ 17:00 が定休日です

ブログカテゴリ

モバイルサイト

(有)松田電業社スマホサイトQRコード

(有)松田電業社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

お家や事務所の電気工事 部屋や玄関の照明取替。 部屋のスイッチ コンセント交換。 分電盤のブレーカー調査や容量アップ オール電化他はお任せ 法人様もオフィスのLED化 コンセント増設 現場の臨時電源設置他 お気軽にご連絡下さい。 ※ 1. 著作権について 1.本ウェブサイト及び本ウェブサイト上に掲載している個々の文章、写真、映像、音楽、音声、その他一切の著作物(以下、総称して「コンテンツ」といいます)の著作権は、当社または原著作者その他の権利者(以下、総称して「著作権者」といいます)に帰属します。 2.個人的な利用を目的として印字や保存等する場合、その他著作権法で認められる場合を除き、コンテンツを著作権者の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、切除、お客様のウェブサイトに転載するなどの行為(以下、「ご利用等」といいます)は著作権法で禁止されています。事前に当社の許諾を得ていただくようお願いします。ただし、肖像や第三者の著作物・商標等が含まれている場合、当社が不適切と判断する場合等、ご利用等の許諾をお断りする場合もあります。 ※サイト内イラスト_イラストレイン(https://illustrain.com/?cat=277)、  施工事例内イラスト_いらすとや(https://www.irasutoya.com/、使用イラスト21点以内)_利用規約を確認の上、ご使用させて頂いてます。