Blu

HOME ≫ 蛍光灯照明器具の生産終了 ≫

蛍光灯照明器具の生産終了

 

大型の電気屋へ照明器具を見に行くとLED照明が

販売の主力となっています。

LEDは省エネ、蛍光灯は今後無くなる、

国際条約(水俣条約)で水銀製品は使えなくなると

お聞きになっていると思います。

 

この背景には、

政府による「新成長戦略」「エネルギー基本計画」や

一般社団法人 日本照明工業会の「照明成長戦略2020」の

目標に2019年 3月末までに全ての蛍光灯照明器具の

生産の終了が基づいています。

 

各主力メーカーもそれに伴い生産を終了すると案内してます。

東芝ライテックは2016年6月13日に

2017年3月をもって蛍光灯器具の製造を中止、

三菱電機は2017年12月4日に

2019年3月末までに全ての蛍光灯照明器具の生産終了、

岩崎電気は2018年4月に

2018年9月をもって蛍光灯照明器具の全品種の生産終了、

Panasonicは2019年3月末までに

蛍光灯照明器具の生産終了を案内しています。

 

 

2019年10月には消費税が10%になりますが、皆さんは照明の取替え時期はどうお考えですか。

私としては、蛍光灯からLEDの省エネ率の約50%を考えると来年10月まで蛍光灯を使用するとそこまでの電気代が

高くなります。

今後、LEDに交換が必要なら早く交換しないと高い電気代がもったいないと思います。

LED交換前の状況によってはLED交換費用が約3年で取れる事もあり、2019年3月までが取替えタイミングと

思っています。どう思われますか。

2019年5月 営業日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2019年6月 営業日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
営業時間:8:00 ~ 17:00 が定休日です

ブログカテゴリ

モバイルサイト

(有)松田電業社スマホサイトQRコード

(有)松田電業社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

お家や事務所の電気工事 部屋や玄関の照明取替。 部屋のスイッチ コンセント交換。 分電盤のブレーカー調査や容量アップ オール電化他はお任せ 法人様もオフィスのLED化 コンセント増設 現場の臨時電源設置他 お気軽にご連絡下さい。 ※ 1. 著作権について 1.本ウェブサイト及び本ウェブサイト上に掲載している個々の文章、写真、映像、音楽、音声、その他一切の著作物(以下、総称して「コンテンツ」といいます)の著作権は、当社または原著作者その他の権利者(以下、総称して「著作権者」といいます)に帰属します。 2.個人的な利用を目的として印字や保存等する場合、その他著作権法で認められる場合を除き、コンテンツを著作権者の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、切除、お客様のウェブサイトに転載するなどの行為(以下、「ご利用等」といいます)は著作権法で禁止されています。事前に当社の許諾を得ていただくようお願いします。ただし、肖像や第三者の著作物・商標等が含まれている場合、当社が不適切と判断する場合等、ご利用等の許諾をお断りする場合もあります。 ※サイト内イラスト_イラストレイン(https://illustrain.com/?cat=277)、  施工事例内イラスト_いらすとや(https://www.irasutoya.com/、使用イラスト21点以内)_利用規約を確認の上、ご使用させて頂いてます。