HOME ≫ 外灯LEDリニューアル ≫

外灯LEDリニューアル

                                         『施工事例メニューに戻る』

 

皆さんは外灯(水銀ランプ300W)の電気代がどの位かかるか知っていますか。

 

年間で約2万7千円になります。これがLEDになると約8千円になります。

差額は約1万9千円にもなります。(※1kWh=25円で計算)

寿命も水銀ランプの定格寿命約3年がLEDだと約10年に変わります。

約3倍の延長になり、球替えも無くなります。(※1日10時間使用したものとして計算)

駐車場や歩道、公園等は1基だけの設置は数少なく複数の設置になると思います。

その分が省エネになります。

 

今回はその外灯LEDリニューアル作業をしました。簡単にご説明していきます。

 

始めに水銀灯の安定器の交換です。

ポール下の蓋の中の安定器をLED電源装置に交換します。

次に水銀ランプの交換です。汚れを落としLEDを取付します。

あとは点灯テストして完了です。

もう一基も同じ作業になります。2基の交換ですが、一時間程で完了です。

ギャラリーで写真スライドさせていますのでご覧ください。

 

では、この水銀ランプからLEDに交換した時の違いを計算してみます。

 

     水銀ランプHF300X     LED(LDFS79)    効 果

消費電力:      300W          88W    70%省エネ

定格寿命:   12000時間       40000時間     3.33倍

 

一日10時間使用する計算で電気代は、(※1kWh=25円とします。)

水銀ランプ 0.3kWh×10h×25円=75円

LED      0.088kWh×10h×25円=22円

一年では、

水銀ランプ 75円×365日=27,375円

LED    22円×365日= 8,030円

差額  27,375円-8,030円=19,345円になります。

 

定格寿命が何年になるか計算します。(1日10時間使用と仮定)

水銀ランプ 12,000h/10h/365日= 3.2年

LED    40,000h/10h/365日=10.9年

上記からLEDにしなかったら水銀ランプは3回も球を交換する事になります。

 

外灯は気に留める事が少ない為、光熱費や維持費で損する事になっているとは

気づかないものです。早めに交換する方がお得と言えます。

2019年10月 営業日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年11月 営業日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
営業時間:8:00 ~ 17:00 が定休日です

ブログカテゴリ

モバイルサイト

(有)松田電業社スマホサイトQRコード

(有)松田電業社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

お家や事務所の電気工事 部屋や玄関の照明取替。 部屋のスイッチ コンセント交換。 分電盤のブレーカー調査や容量アップ オール電化他はお任せ 法人様もオフィスのLED化 コンセント増設 現場の臨時電源設置他 お気軽にご連絡下さい。 ※ 1. 著作権について 1.本ウェブサイト及び本ウェブサイト上に掲載している個々の文章、写真、映像、音楽、音声、その他一切の著作物(以下、総称して「コンテンツ」といいます)の著作権は、当社または原著作者その他の権利者(以下、総称して「著作権者」といいます)に帰属します。 2.個人的な利用を目的として印字や保存等する場合、その他著作権法で認められる場合を除き、コンテンツを著作権者の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、切除、お客様のウェブサイトに転載するなどの行為(以下、「ご利用等」といいます)は著作権法で禁止されています。事前に当社の許諾を得ていただくようお願いします。ただし、肖像や第三者の著作物・商標等が含まれている場合、当社が不適切と判断する場合等、ご利用等の許諾をお断りする場合もあります。 ※サイト内イラスト_イラストレイン(https://illustrain.com/?cat=277)、  施工事例内イラスト_いらすとや(https://www.irasutoya.com/、使用イラスト21点以内)_利用規約を確認の上、ご使用させて頂いてます。